鍵を紛失したらどうする!?

鍵を紛失したら盗難された可能性も考慮し、トラブルを防ぐために新しい鍵に交換するのが賢明です。

カードキーと普通の鍵、どちらが防犯性が高いのか?

カードキーはピッキングにあいにくい

カードキーは鍵穴がないタイプの鍵なので、ピッキングされる心配がなく普通の鍵よりも安全性が高くなります。また、簡単に複製することができないため、防犯性にも優れています。オートロックなので鍵を閉め忘れることもなく、様々な面において防犯能力の高い鍵です。

普通の鍵は防犯性においてカードキーに劣る

普通の鍵は鍵穴に差し込んで開閉するため、鍵穴からのピッキング被害に遭いやすい傾向があります。特に、ディスクシリンダーやピンシリンダータイプは、防犯性が低いので注意が必要です。普通の鍵で防犯性を高めるには、2つ以上の鍵をつけるのが効果的です。

セキュリティを気にしよう

鍵

鍵は自宅を犯罪者から守ってくれるアイテムなので、しっかりとしたものを選ばなければいけません。そのため、片方だけにギザギザが付いているような鍵を現在でも使っている場合は、セキュリティに不安を感じる方もいるでしょう。それならば、業者に頼めば簡単に交換できるので、もっとセキュリティの高いものをつけて、自宅を守ってもらうことを考えたほうがよいです。片方だけギザギザのものよりも、ずっと防犯性に優れているものはいくつも販売されています。ただし、ディンプルキーなどのいろいろな種類があるため、自分で選んではセキュリティが高くないものを取り付けてしまう可能性があるので気をつけましょう。どれが防犯性に優れているのか分からない場合は、専門家に聞いてしまうことをおすすめします。鍵のことを専門とする業者があるので、そちらに問い合わせて、相応しいものを自分の代わりに選んでもらいましょう。相談料は無料の場合がほとんどなので、じっくり話して、安心を手に入れられるものを選ぶことをおすすめします。

規格を考えて製品を選ぶ

鍵

鍵の種類を決めたのなら、次は自宅の窓や扉の規格にきちんと合った製品を選定しなければいけません。窓や扉によって使える製品が異なってくるので、間違わないようにして選ぶようにしましょう。もちろん、鍵を専門とする業者に聞けば、どの規格の製品を購入すればよいか分かりやすく教えてくれます。説明が分からなかったり規格を伝えられても理解できなかったりするなら、実際の窓や扉を見てもらうようにしましょう。そうすれば、業者のほうで適切な製品を用意してくれるので、自身で選ぶ必要がなくなり、間違うことも決してありません。現場の調査も無料で受け付けているところもあるため、そちらを活用すれば、余計な費用を支払うことなくセキュリティの高い完璧な鍵を手に入れられます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3