HOME>ホットトピックス>賃貸への入居の際には必ず鍵を変えるようにすること

転居後すぐに鍵を変える

男性作業員

賃貸物件というのは、新築ではない限り必ず前の賃借人がいて、古い鍵を持っている可能性も捨てきれません。そうなると、鍵を変えなければいつでも侵入することができてしまいます。そうしたリスクを避けるために、賃貸物件に入居したら必ず鍵を交換するようにすることです。鍵修理屋に依頼をすれば、すぐに鍵を交換してくれます。また、大家さんに言ったら、鍵を交換してくれることもあるので、一度確認してみましょう。

防犯性を高める工夫

修理

安全に暮らすためには、家の防犯性を高めることが何よりも重要です。そのため、まずはじめにすべきことは鍵を防犯性の高いものに帰ることです。セキュリティサービスが進化しているのと同様に、鍵も進化し続けています。鍵修理を依頼すれば、最新式の安全性の高い鍵へ交換してもらうことが可能です。また、鍵というのは古くなると防犯性が低くなってしまいます。そのため、できれば玄関の鍵は5年毎に交換することが好ましいと言われています。5年もあれば鍵もかなり進歩するため、アンロックするまでに時間がかかります。そうすることで、玄関の鍵が破られにくくなるので、暮らしの安全が守られるのです。定期的な鍵の交換が、防犯を高めるのです。